失敗がないようにしっかり確認しよう

パスポート

海外の現地で長期に渡る就労や、短期的なプロモーション活動をする際等、様々な企業活動を行う際にビザは欠かせません。特に近年、香港でのそうした活動を行うためにビザを取得したいという企業が多くなっているようです。特に香港は、現地の人の雇用確保等の理由で、取得が年々難しくなっている傾向にあります。そんな香港の活動で使うビザの申請を却下されないためには、きちんとした代行業者等を選ばなければなりません。その際まず一番に確認すべきなのが、代行会社の実績になります。しっかりとした実績がなければ、どうしても失敗できない時に安心して依頼ができません。香港でのビザ取得業務を行ってきた年数や件数、対応スタッフの経験等を総合的に見て検討しましょう。また、見積もりをきちんとしてくれる所を選ぶようにすることも大切です。料金面はもちろん、自分たちが欲しいビザの種類の取得可能性等の見積もりをしてくれるかどうかも確認しましょう。その他、香港現地の最新事情に精通しているかどうかも要確認のポイントといえるでしょう。相談する際にそうした事項を質問して明確な答えが返ってくるか、ホームページの情報は充実しているか等で判断します。その会社が、他にどんな業務を行っているかという点にも注目するとよいでしょう。多くの業務に対応している方が一度に色々なことを相談出来ますし、幅広い分野の知識を持っている可能性も高いです。

申請前に色々確認しておこう

男女

そんな香港での活動に必要なビザ取得を考えた時には、事前に色々と確認しておきたいこともあります。まずは、ビザの取得に必要な大まかな条件を確認しておきましょう。申請者そのものに求められる条件は元より、雇用主に必要とされる条件も並行して覚えておく必要があります。申請者には犯罪歴等がないか等の人物的な側面、一定以上の学歴を持っているか等能力的な面も問われます。雇用主あるいはスポンサー側には、財務的な面や、現地人のスタッフを採用しているか等地域に貢献しているかも問われるようです。また、必要書類も多岐にわたることを知っておきましょう。特に、雇用主にはビジネスプラン等の詳細な点まで求められるので、あらかじめ準備をしておくことが必要になります。そして、何より知っておきたいのが、香港のビザは一度却下されてしまうと再審査が非常に厳しくなる傾向にあるという点です。却下されてしまう理由は、必要条件を満たしていないという他、追加書類の提出し忘れというケースが多いといいます。そのようなことがないように、代行会社と綿密なスケジュールを作り、万全の体制で取得に臨む必要があります。

広告募集中