HOME>アーカイブ>観光と就労目的では海外に長期滞在する条件が変わる
パスポート

就労目的で滞在するために必要なこと

日本人はパスポートを持っていれば、いろいろな国に観光旅行ができますが、香港にも普通に旅行に出かけることができます。日本のパスポートを持っていれば、香港に90日以内であれば滞在できますから、多くの人が観光を楽しめるようになっています。しかし香港で就労して収入を得る場合はビザが必要になるので、事前に各自で取得しておかないといけません。いろいろと種類があり就労ビザの他に投資ビザが存在しますが、香港の会社に就職する場合は採用先の企業がサポートをしてくれますから心配は少ないです。就職せずに自分だけで取得を目指す場合は、1億円以上のお金を用意して投資移民制度を活用することで、投資ビザを取得することもできます。1億円の大金を用意するのが難しい場合は、香港で自分の会社を設立することでビザの取得を目指すことも可能です。会社を設立する場合も多少のお金は必要になるので、各自で用意しておく必要があります。

会社を設立して長期滞在するメリット

香港に自分で会社を設立してビザを取得することで、安心して収入を得ながら長期的に香港で暮らせるようになります。会社を設立してビザを取得する場合は、香港政府が指定している申請書類や各自のパスポートの他に会社の資料や事業計画書などを用意する必要があります。資金力も確認されるので、最低でも1年程度は会社をしっかりと経営できる力があるのかはチェックされる筈です。ビザ取得のサポートをしてくれる会社もありますから、そのような会社を利用することで知識がない人も安心できます。観光の場合は収入を得ることができないので、長期的に滞在するには余程の資産に余裕がある人でないと難しいですが、就労しながらであれば金銭的な余裕が少ない状態でも長期的に香港で暮らせるのがメリットです。雇われている状態ですと途中で解雇されるなどのリスクもありますから、自分の会社というのも強みになります。

広告募集中